概要

Expensifyは、領収書のスキャンから払い戻しまで、経費レポートプロセスのすべてのステップを自動化するSaaSベースのファイナンスシステムです。現在、米国市場でNo.1の経費レポートソリューションであるExpensifyは、中小企業に焦点を絞ってスタートし、今日では6万社を超える企業にサービスを提供、現在年間何十億ドルもの処理をこなし169カ国に顧客を抱えています。

  • すべての電子メールパーサーとスクリーンスクレイピングバックエンド開発を統合チームで対応
  • Expensifyのプラットフォームとユーザーの銀行口座間でそれぞれに準拠した統合を保証し、安全で新しいデータベース構造を開発
  • IRS eReceipts規格に準拠したアプリとプラットフォームのコンプライアンスを実現

アイデア

Expensifyは、その最先端技術でマーケットリーダーとして知られています。彼らは、スクレーパー(銀行のWebサイトとの統合)とパーサー(電子メールの領収書や航空券などの自動解析)をサポートし、新しい統合ソリューションを開発し、既存システムとの統合を確実に実行できるチームを構築したいと考えました。 Expensifyは、現在のアーキテクチャにプラグインし、これらの重要なバックエンドシステムの開発と保守を支援することができる熟練したチームをStarに求めました。

プロジェクト

Starは今回のタスクのために機能横断型のエンジニアリングチームを作り、チームのために必要なトレーニングを提供しました。私たちの仕事には、まったく新しいプラットフォームとスクリーンスクレイピングのためのアプローチの作成、そしてExpensifyの安全性の高い環境にシームレスに適合することを保証することが含まれていました。彼らは新しい機能を迅速に展開する必要があったので、私たちはバックエンド開発をサポートするために、Expensifyの内部チームと一緒に働く14人の専任のソフトウェア開発者を提供

プロジェクトスコープ

テクノロジー

JavaScript
PHP,
RegEx,
OFX,
Myna Application Server

この事例をシェアする