GTM No Script

エイジング・イン・プレイスを実現するテクノロジー:StarとLinus Healthによるウェビナー

65歳以上の人口が30歳以下の人口を上回る2030年、世界はどのような姿をしているでしょうか? StarとLinus Healthはこの未来志向のウェビナーで、インターネット接続されたメドテック(医療テクノロジー)やデジタルヘルスケアによって、安全で、健康的で、自立した「エイジング・イン・プレイス」(高齢者が住み慣れた場所で暮らすこと)が実現される世界を構想しました。

高齢者が押し寄せる「シルバー・ツナミ」を恐れるのはもうやめましょう。これからは人生100年時代です。人口の急速な高齢化が進む社会は、ヘルスケア業界の企業にとって、新しいテクノロジーを活用してアウトカムを向上させ、さまざまなケアの段階でさらに大きな価値を提供できる機会となるはずです。

ヘルステックをテーマにした本ウェビナーでは、以下のような点についての知見が得られます。

 

  • 課題と変化要因の分析からわかる、今が行動を起こすのに重要な転換期であること
  • テクノロジーに精通した世代が高齢者になる時代が意味すること
  • 規制対象のメドテック市場とコンシューマーヘルスケア市場において、定まりつつあるトレンド
  • プログラム医療機器(SaMD)やAI医療機器についての専門的知見
  • 現在の市場状況を鑑みた、テクノロジーの変化についての専門的な予測
  • イノベーション、創造的破壊、業界の先導を目指す企業が検討すべき、製品および技術的テーマ

ウェビナーレポートをダウンロード

メドテックとデジタルヘルスケアの革新に向けた重要課題への取り組み

本ウェビナーは、在宅ケアや家庭内メドテック製品の導入・最新化・革新を検討している意思決定者を主な対象とし、将来の展望に加えて、現在のヘルステック業界が直面している次のような課題に迫りました。

  • テクノロジーが過多になり、統合が十分になされていないこと
  • 提供するサービスの拡大と、データのさらなる活用
  • 製品の継続的な利用を促進するユーザビリティの向上
  • 深刻さを増す医療従事者不足の克服
  • 分散型システムの発展と在宅医療へのシフト

また、ヘルスケアのコンシューマライゼーション(消費者向け製品が企業でも利用されるようになること)や、それが規制下のメドテック機器やコンシューマー機器に与える影響についても掘り下げています。これらは製品戦略の基礎として、将来に向けた自社のロードマップを描く際に検討すべき事項となります。

高齢者が住み慣れた場所で暮らす「エイジング・イン・プレイス」を実現するテクノロジーについて、アイデア創出・デザイン・開発をStarのヘルステック部門がお手伝いします。

ご連絡ください

ヘルスケア企業が「エイジング・イン・プレイス」に注目すべき理由

高齢者が住み慣れた場所で暮らす「エイジング・イン・プレイス」を実現するテクノロジーには大きな可能性がありますが、まだそれが十分に活用されているとは言えません。2050年までに、50歳以上の人々の経済的貢献を示す「長寿経済」は28.2兆ドルに達すると予測されています。高齢者は可処分所得が高く、健康保険(米国ではメディケア)に加入している割合も高い傾向にあります。

こうしたトレンドを牽引しているのが、ベビーブーム世代です。ただ、50歳以上の人の77%が「住み慣れた場所で暮らしたい」と考えている一方、それが実際に可能だと考えている人は50%にとどまります。つまり、高齢者は、より良いケアの選択肢を必要としているのです。このギャップを埋めるために、プログラム医療機器(SaMD)や医療分野のIoT(IoMT)技術が力を発揮していくと考えられます。

さらに、このようなテクノロジーは、年齢に関係なく、すべての人々の生活の中で存在感を増しています。IoMT対応のウェアラブルデバイスやAI診断、神経学的スクリーニングなどは、もはやSFの世界の話ではありません。それらの製品はすでに市場に出ており、今後もさらに洗練され、相互接続され、影響力を増し続けていくことでしょう。

エイジング・イン・プレイスを実現するデジタルヘルスケアテクノロジー  63798

ウェビナー『2030年のヘルステック:エイジング・イン・プレイスを実現するテクノロジー』をぜひご覧ください

ウェビナー本編では、さらに多くの内容についてディスカッションがなされています。当社ヘルステック部門テクノロジーディレクターのGeoff Parkerと、Linus Healthプロダクトマネジメント担当シニアディレクターのSean Lorenz氏が、検討すべき技術的要素、課題、接続性、規制、ユーザビリティ、臨床要件などについて、より深い洞察を語っています。Lorenz氏からは、TIME誌「2021年の最も優れた発明品100」に選ばれた「DCTclock」を始めとする、Linus Healthの実際の製品開発の経緯も聞くことができます。関連のレポートをダウンロードの上、ぜひご覧ください。

Starのヘルステック部門は、現在の業界をリードするヘルスケア企業や、創造的破壊をもたらすスタートアップ企業に協力して、アウトカムを向上させ、使うのが楽しくなるような画期的なメドテック製品やデジタルヘルスケア製品のアイデア創出、デザイン、共創、構築、進化に取り組んでいます。最終目標の達成に向けて、大胆に行動し、成功を導けるよう、当社の専門チームがお手伝いします。ぜひお問い合わせください。