メンタルヘルスの向上に貢献するテクノロジー主導のアプローチ

メンタルヘルステクノロジーの革新 R1hbapm
Episode 10 DT 2220 x 1200

今ようやく、人々が自らのメンタルヘルスについて話せる時代が訪れようとしています。芸能人や政治家、ビジネスリーダーをはじめ、多くの人が心を開いて自らのことを語り、メンタルヘルスを取り巻く偏見が取り除かれつつあります。

同時に、デジタル治療(DTx)やメンタルヘルステクノロジーが急速に広まり、アクセス性や治療成果の向上、コスト削減、医療提供方法の革新などが実現し始めています。

この動きは患者さんや医療提供者、企業にとって、どのような意味を持つのでしょうか? Starのポッドキャスト『Shine』では、HappifyMymeeRock Healthからのゲストを迎えて、メンタルヘルスの革新をテーマにしたエピソードをお届けしています。

メンタルヘルスの新時代

メンタルヘルスは、世界レベルで取り組むべき課題です。現在、世界で9700万人が精神疾患を患っており、そのうちの60%が治療や診断を受けていない状態にあります。このことは個人、社会、世界レベルで甚大な影響を及ぼします。精神疾患によって、2030年までに世界経済は年間16兆ドルの損失を被るようになると予測されています。

新型コロナウイルスは、私たちのメンタルヘルスとの関わり方を大きく変えました。Megan氏は「パンデミックの前から、メンタルヘルスに関する支援への需要は、医療提供者や専門家による供給量をはるかに上回っていました。セラピストと1対1で面会する方法では、この需要と供給のミスマッチに十分に対応できません」と述べ、そこにテクノロジーが大きな役割を果たす領域があると言います。「ユニークな方法でメンタルヘルスの治療モデルを拡張する、さまざまな種類のテクノロジーソリューションが登場しています」

Chrisは、デジタルバイオマーカー、視線追跡、自然言語処理といったテクノロジーをメンタルヘルス分野で活用することで、「実際の医療提供において、より効果的で効率的な方法を生み出せる」と話します。実際、スマートフォンのタップやスワイプの仕方といった些細な行動の分析からも、精神的な健康状態を知る手がかりが得られるようになっています。

Apple Podcastで登録する   |   Spotifyで登録する
ポッドキャストは英語で提供しています

DTxの詳細や規制状況、メンタルヘルスについて理解する

デジタル治療(DTx)とは、エビデンスに基づいて臨床的な評価を行なったソフトウェアを用いて、患者さんに直接、治療的介入を行い、行動、精神、身体に関わる広範な疾患や障害を治療、管理、予防することを言います。

これはまったく新しい治療方法のため、規制環境もまだ現実に追いついていません。PearやAkiliなどの企業がFDAの承認を取得しましたが、承認の手続きにはさらなる合理化が求められます。

メンタルヘルスの医療的介入についての議論も複雑です。現在のところ、DTx事業者とFDAは、用語の使い分けについて一定の合意を見ています。これについてAcacia氏は「『管理』と『治療』のどちらのカテゴリーに属すか」がポイントだと説明します。つまり、「治療」に関する訴求にはFDAの承認が必要であるのに対し、「管理」に関する訴求には(業界のベストプラクティスに従ってさえいれば)一般的に承認が必要がないとされています。「『治療』という言葉を使わずに精神疾患を対象とすることも可能であり、実際それで多くのことを行えます」

その優れた実例が、Happifyです。Happifyは治療効果を謳う代わりに、同社の主力製品は「科学に基づいたアクティビティやゲームにより、ネガティブな思考やストレス、人生の課題の克服に役立つ」と説明しています。数百万のユーザーを擁し、米国の4大保険事業者と提携していることからも、同社が正しい道を歩んでいることは間違いないでしょう。

Megan氏は、Rock Healthの製品ラインナップから「Marigold」を例に挙げました。Marigoldは、精神疾患や物質使用障害のある人々がお互いに支援し合う、オンラインの治療プログラムです。これは単なるコミュニティではありません。アルゴリズムが「感情分析により、再発の兆候が見つかれば注意喚起する」ため、ケースマネージャーは、膨大なチャットデータを読み込むことなく、誰が支援を必要としているかをすぐに把握できます。これもデジタルヘルスのテクノロジーがもたらすメリットの一例だと言えるでしょう。

ホリスティックな個別化医療へのアプローチ

Mette氏は医療全般について、「ひとつの治療をほぼすべての人に当てはめようとする方法から、一人ひとりに合った治療を行う方法へとアプローチが変化しつつある」と話します。従来の治療は、ほぼすべての人に効果をもたらすよう設計されてきました。言い換えると、一人ひとりを見た場合、その人に必ず効果があるという保証はありませんでした。それに対し、現在、デジタルヘルステクノロジーによって、本当の意味での個別化医療が実現しつつあります。

MymeeのCEOを務めるMette氏は、このテーマについてユニークな視点を提供してくれました。Mymeeは、自己免疫疾患に苦しむ人々向けに、症状の追跡、データ分析、ヘルスコーチを提供しています。一見、自己免疫疾患とメンタルヘルスは関連がないように思えるかもしれませんが、実際、両者は密接につながっていることが研究によって次々と示されています。

慢性疾患を抱えている人は、それが不安症や抑うつを引き起こすことを知っています。Mette氏は、Mymeeにサポートを求めてきた43歳の男性患者を例に出してこう話します。「当社のプログラムを利用してから4週間で、その男性のパニック発作は身体的な原因で生じていることがわかりました」。チームは、パニック発作が食道閉塞の11時間後に発生することを発見。食道閉塞が解消されると、その6日後には「不安感が著しく減少し、パニック発作が起こらなくなった」ことが確認されました。

この例は、今回のポッドキャストの重要なテーマにつながります。つまるところ、DTxを始めとするデジタルヘルスのイノベーションは、魔法の薬である必要はありません。健康へのホリスティック(包括的)なアプローチも、それと同じくらい価値があるのです。

Megan氏は、デジタルヘルス分野の主要企業であるOmada社のアプローチに言及し、「人々が慢性疾患を効果的に管理する上で、メンタルヘルスは非常に重要な役割を果たします。そのため同社は、自社のサービスにメンタルヘルスを取り入れました」と話します。このことは科学的にも裏付けられています。

研究によると、慢性疾患患者の治療アドヒアランスの不実行率は、うつ病を患っている人では3倍高くなることが示されています。DTxの利点は、他のバイオ医薬品を使う治療とは異なり、あらゆる既存の治療法と容易に併用できることです。

メンタルヘルスのサービス利用のハードルを下げる

医療にはお金がかかるものですが、メンタルヘルスは、その課題に加えて、偏見とも闘わなくてはなりません。これまで、たとえば雇用主が従業員にメンタルヘルス関連のサービスを提供した場合でも、多くの人は自分のキャリアに影響するのではないかと恐れ、利用をためらうことがありました。

新型コロナウイルスがその偏見をいくらか取り除いてくれたことに加え、デジタル治療もサービスの利用しやすさに大きく貢献しています。ここにもテクノロジーが持つ可能性が見られます。Acacia氏は「人々が置かれている状況に合わせた方法で、うつ病や不安症の解消への取り組みの敷居を下げられる可能性がある」と話します。うつ病などメンタルヘルスの問題を抱える人々にとって、これだけでも、助けを求めたり、治療を受けたりするためのハードルが下がるはずです。

Chrisは、この課題に対し、バーチャルアシスタントが重要な役割を果たしているとし、「まだ改善の余地はあるものの、少なくとも偏見を持たない」という利点があることを説明しました。これは重要なポイントです。調査から、人は人間に対してよりもロボットに対しての方が、より正直になることがわかっています。さらに、ロボットは金銭的なコストも手頃で、大規模な展開も容易です。Chrisは、バーチャルアシスタントは高齢者の役に立つことがすでに実証されており、スマートスピーカーを使って簡単に実装できると述べます。

このようにハードルが下がることで、予防医療へのシフトがさらに進むだろうとAcacia氏は指摘します。メンタルヘルステクノロジーにより、「もぐらたたき」的なアプローチに代わり、個別化した医療にいっそう焦点が当たるようになるでしょう。

本編にてメンタルヘルステクノロジーのさらなる洞察をお聞きください

ここでご紹介したのは、ほんの一部に過ぎません。ポッドキャストの本編では、ヘルスケア業界のリーダーたちが、可能性を秘めたビジネスモデルや、エンゲージメントの促進要因、ヘルスケアとテクノロジーへの大幅な投資増の理由、メンタルヘルスの未来など、さまざまなテーマを掘り下げています。ぜひお聞きください。また、お使いのポッドキャストアプリで「Shine: a podcast by Star」を検索・登録いただくと、貴重なエピソードを逃すことなくお聞きいただけます。

関連トピック

シェア

メンタルヘルステクノロジーの革新 Rl5kbapm
Christopher Scales
Star 戦略&インサイト担当ディレクター

Starの戦略&インサイト担当ディレクターであるChristopherは、主に健康&ウェルネスチームとともに、エンゲージメントとヘルスアウトカムの向上を目指して、人間中心のデジタル戦略の策定に取り組んでいます。ヘルスケアデザイン分野の経験に加え、コンシューマーエレクトロニクス、自動車、重工業の分野でも製品・ソリューションの市場投入に実績があります。Starに加わる前は、戦略的デザインコンサルティングや企業内デザイン、イノベーションのグループで数々の重要な役職を担ってきました。

メンタルヘルステクノロジーの革新 Rl9kbapm
Dr. Acacia Parks
Happify Health 最高科学責任者

Acacia Parks博士は、研究に基づく最先端の行動変容戦略を、企業、健康保険、消費者に提供するデジタル治療企業Happify Healthのチーフサイエンティストを務めています。ペンシルベニア大学で心理学の学位を取得した後、ハイラム大学で終身教授に就任し、その後、本格的に産業界に進出したAcacia氏は、ウェルビーイングの科学および、うつ病や不安症の各種治療法を専門としています。適切に設計されたセルフヘルプ(自助)は対面式のセラピーと同等の効果があることを発見して以来、情熱を持って研究に取り組んでいます。

メンタルヘルステクノロジーの革新 Rldkbapm
Megan Zweig
Rock Health 最高執行責任者

Rock Healthの最高執行責任者を務めるMegan Zweig氏は、同社の企業提携、リサーチ、マーケティング、オペレーションの各チームを統括しています。Megan氏が率いるチームは、思想的パートナーシップやコミュニティの力、市場を牽引するリサーチを通じて、新しいイノベーションエコシステムを介してデジタルヘルス戦略を進めるクライアント企業を支援しています。Rock Healthに加わる前は、The Advisory Board Company社で、全米1300以上の病院や医療システムの最高医療責任者(CMO)向けにベストプラクティスを研究する会員組織Physician Executive Council(医師執行評議会)を統括していました。

メンタルヘルステクノロジーの革新 Rlhkbapm
Mette Dyhrberg
Mymee 創設者・CEO

自己免疫疾患へのアプローチを変革するデジタル治療プログラムMymeeの創設者でCEOを務めるMette Dyhrberg氏は、慢性疾患患者の生活の質向上を目指すデジタルヘルスの革新者です。Mymeeは臨床的に検証されたテクノロジーにより、モバイルアプリ、データ分析、認定ヘルスコーチの機能を組み合わせて、病気の要因を特定します。エコノミストから診断医に転身したMette氏は、自らの健康管理を実践しながら、人々の健康への取り組みを支援しています。

Loading...
Nort America Big

Starは真のグローバル企業です。世界中にある拠点をご覧ください。

Nort America Big

ビルダーのグローバルチームであるStarは、戦略、デザイン、エンジニアリングのサービスをシームレスなワークフローへとつなぎ、洞察力に優れたソリューションを構築して、的確なインパクトや拡張性、パフォーマンスを提供します。

インサイト&インスピレーション

Starからの最新のインサイトや業界の注目情報が、受信トレイに届きます。

連絡先

または、hello@star.globalまでメールでご連絡ください

© Copyright Star 2023. All rights reserved プライバシーポリシー

plus iconminus iconarrow icon pointing rightarrow icon pointing rightarrow icon pointing downarrow icon pointing leftarrow icon pointing toparrow icon pointing top rightPlay iconarrow pointing right in a circleDownload iconResume iconCross iconActive Badge iconInactive Badge iconFocused Badge iconDropdown Arrow iconQuestion Mark iconFacebook logoLinkedin logoLinkedIn logoFacebook logoTwitter logoInstagram logo